賃貸物件にあると嬉しい設備を取り入れて空室対策しよう

不動産投資の注意点

部屋

春は入退去のシーズン

不動産投資を行う場合に注意しなければならないのは空室対策です。マンションにしてもアパートにしても、不動産投資を行う場合には、常に空室が生じるリスクを考えておかなければなりません。学生の卒業や社会人の異動など、春の季節は様々な理由で転居が多くあります。当然、出ていったところは空室になりますので、できるだけ早期に空室を埋めるための工夫をしなければなりません。空室期間中は無収入どころか維持管理費などもかかるためマイナスになります。利回りを確保するためには、人気の設備を設置するなどの追加投資を行ったり、不動産情報誌やネットなどを活用してピーアールを行うなど、空室対策を積極的に行っていくことが必要になります。

人気設備の設置を検討

空室対策として効果的な方法は、人気設備の設置です。春は引っ越しシーズンですので、転居していく人も多い代わりに、入居してくる人も多い季節です。新しく入居希望している人をいかにして呼び込むかが重要になります。多くの入居希望者は、入居先を決める場合の重要な要素として人気設備の設置状況をあげています。家賃も重要な条件ですが、簡単には家賃の引き下げができないことから、設備投資が重要になります。最近では、特にセキュリティ設備に人気があることから、未設置の場合には設置することで入居希望者を期待できます。セキュリティ設備は比較的低予算で設置することができることから効率的な空室対策と言えますので、必須の設備です。

空室を解消する方法

貯金箱とコイン

単身者の増加により、3LDKや4LDKの収益物件は空室になりやすくなっています。リノベーションで1LDKにすることで、単身者層を振り向かせることが可能です。賃貸管理会社にリノベーションを相談することで、入居者ニーズに沿ったリノベーションを行えます。

もっと読む

老朽化した収益物件の対策

家の模型を持つレディー

老朽化した収益物件では、安定した不動産投資は行えません。収益物件の魅力を取り戻すために、サブリースを提供している管理会社に相談しましょう。サブリースを提供している管理会社に相談することで、容易に入居者を確保できるリフォームやリノベーションを施すことができます。

もっと読む

遊休地を手軽に活用する

パーキング

空き地等の遊休地を駐車場にして収益をあげようとする動きが盛んである。工事費や経営が低コスト・低リスクとされるからである。駐車場経営のメリットは、手早く経営できる、転用や転売が容易である、どんな土地でも設置可能、初期費用の回収が早い等がある。多くの人が駐車場経営サポート会社を利用している。

もっと読む